「ほっ」と。キャンペーン

タグ:天皇賞 ( 1 ) タグの人気記事

天皇賞(春) GI 予想

今年2012年の天皇賞(春)には、どの馬が出走してくるでしょうか?

現在の段階で出走しそうな馬をピックアップしてみようと思います。

まずは去年の年度代表馬、オルフェーヴル。既に阪神大賞典(GⅡ)から天皇賞(春)へ向かうローテーションが発表されていますので、特に問題無ければ出走するでしょう。

古馬となって初のGIタイトルを奪取出来るのか楽しみです。

2頭目は去年の天皇賞(春)を制したヒルノダムール。

天皇賞(春)を制した後、フランスへの遠征も含め、白星を挙げる事が出来ていませんが、まだ老け込むには早く、巻き返しに期待したいところです。

3頭目は去年の有馬記念でオルフェーヴルと熱戦を演じたエイシンフラッシュ。

2010年のダービーを制して以降、こちらも白星を挙げられないでいますが、去年の天皇賞(春)でも2着になっており、GIレースでの安定度は評価されても良いと思います。

約2年振りの勝利に期待したいですね。

ローズキングダムにも復調を期待したいところです。

去年は京都大賞典を勝利しましたが、それ以外のレースでは2桁着順も多く、精彩を欠いた1年でした。

GI2勝の底力を待ちたいと思います。

去年大きく飛躍、天皇賞(秋)を制したトーセンジョーダンはどうでしょうか。

去年は天皇賞(春)へは出走しませんでしたが、実力は相当なものです。今年もGI戦線で活躍してくれるでしょう。

そして、海外への挑戦を視野に入れ、今年良い滑り出しを見せている、トゥザグローリー、ルーラーシップ、トレイルブレイザー、ダークシャドウも気になるところです。

ドバイへ出走するとなると、帰国しての出走は現実的に厳しいと思いますので、今後の動向に注視したいと思います。

ダイヤモンドステークスで、人気薄ながら見事な逃走劇を演じ、重賞初勝利を手にしたケイアイドウゾジン、半馬身差の2着となった上がり馬、ギュスターヴクライの長距離での安定した成績も気になるところです。

新たな新星が果たして現れるのか、という事も気にかけながら、天皇賞(春)までの期間を見守っていこうと思います。
[PR]

by keiba1114 | 2012-03-19 13:37 | 天皇賞(春)予想