タグ:安田記念予想 ( 1 ) タグの人気記事

JRA 第62回 安田記念(GI)

安田記念を迎えるにあたり、前哨戦的な意味合いもある、4月1日に行われたダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)を振り返ってみようと思います。

まず1番人気に中山金杯(GⅢ)2着のジャングルポケット産駒、ダイワファルコンが収まり、2番人気に重賞2勝の牝馬でこちらもジャングルポケット産駒のアプリコットフィズ、3番人気に東京新聞杯(GⅢ)で2年振りの勝利を手にしたガルボ、4番人気に2連勝でオープン入りを果たしたサトノタイガー、5番人気に菊花賞(GI)以来の出走となるベルシャザールとなりました。

ハンデ戦という事もあって、57.5kgから52.0kgまでの斤量差もあり、非常に予想が難しいレースとなりました。

レースはまずツクバホクトオーが先頭に立ち、サトノタイガー、テイエムオオタカと続きます。

その後方がだいぶ固まり、ダイワファルコン、アプリコットフィズ、ガルボもこの集団。

ベルシャザールは最後方からといった展開で、第二コーナーを迎えると、ガルボが8、9番手、ベルシャザールは13番手あたりにポジションを変更。

第三コーナーをまわり、最後の直線に向くと、激しい叩き合いが始まります。

2番手集団が伸び悩む中、ツクバホクトオーが逃げ切りを狙って粘ります。

ダイワファルコンが逃がすまいと必死に追う中、ガルボが1度ポジションを下げた後に溜めた脚を繰り出し、追走。

そして後方から一気に捲る勢いでネオサクセスとオセアニアボスが素晴らしい脚で延びてきます。ゴール前大混戦となる中、5、6頭がまとめてゴールイン。

中団差しで粘ったガルボが東京新聞杯以来の重賞3勝目を果たす結果となりました。

クビ差でオセアニアボス、さらにクビ差でネオサクセスが3着、半馬身差にツクバホクトオー、クビ差でダイワファルコンと密集したかたちでの戦いが繰り広げられました。

勝ったガルボは獲得賞金的にも安田記念への出走は可能でしょうし、トップハンデで他馬を抑えた事も評価出来ると思います。何よりも3歳のシンザン記念(GⅢ)以来勝てなかった中で、ここにきて重賞を2勝した事も、安田記念へ向けての好材料かと思います。

2010年のダービー卿チャレンジトロフィーを制し、安田記念を制したショウワモダンの再来となれるのか、ガルボに注目です!
[PR]

by keiba1114 | 2012-05-27 12:18 | 安田記念予想