タグ:競馬予想 ( 6 ) タグの人気記事

GI 宝塚記念 JRA 6月24日

今回は、宝塚記念へ向かう為のステップレースを挙げてみようと思います。

まず挙げられるのが、GIレースの天皇賞(春)です。天皇賞(春)は芝3,200mで行われ、宝塚記念の芝2,200mよりも距離は大幅に長いですが、ローテーション的には約2ヶ月の間隔があり、一度目一杯仕上げた体調も、この期間により回復可能であり、又他の重賞に出走して負担重量が重くなるよりは、直行した方が良いでしょう。

GIを制している馬にとっては一番多いローテーションかと思います。

そして、例年重要なレースであった金鯱賞(GⅡ)が今年、12月に移りました。その代わりに鳴尾記念(GⅢ)が12月から6月へと移り、距離も1,800mから2,000mに延長した事からも、今までの金鯱賞の役目を果たすレースとなる事は間違いありません。

例年、金鯱賞組は宝塚記念で好成績を収めており、今年も注目を集める事は間違いないでしょう。

目黒記念(GⅡ)も、宝塚記念へ向かううえで重要なレースでしょう。距離が2,500mとやや宝塚記念よりは長いですが、賞金も高く、ハンデ戦である事からも、GI戦線へと新たに名乗りを上げたい馬達にとっては、一発逆転の意味も含めて、是非とも使いたいレースなのでは、と思います。

新潟大賞典(GⅢ)も賞金加算の意味では同様かと思います。

まずは新潟大賞典で賞金を加算し、鳴尾記念や目黒記念へ出走、というケースも考えられます。直行する事もあり得るとは思いますが、こちらもハンデ戦となっており、オープン入りしたばかりの馬や、重賞勝ちが無い、もしくは少ない馬にとっては、強豪が参戦しないであろう事からも、貴重なレースでしょう。

レース間隔が中2週とローテーション的には厳しいですが、安田記念(GI)から宝塚記念へ向かうケースもあるかもしれません。

3歳ではNHKマイルカップ(GI)からダービー(GI)へ向かうローテーションが近年目立っており、古馬にとっても中2週のローテーションは大いに考えられます。

牝馬では、ヴィクトリアマイル(GI)から宝塚記念へ向かう可能性もありますね。

安田記念へ向かうにはレース間隔が短く、距離も少し長い方がいいという牝馬にとっては、可能性も
大いにあります。ブエナビスタが去年と一昨年にこのローテーションを組んでおりましたね。

さて、今年の宝塚記念もローテーションは多種多様ですが、どの馬もまずは体調を万全にしてレースに臨める様、怪我などには注意して調整出来ている事を祈っています。
[PR]

by keiba1114 | 2012-06-12 12:46 | 宝塚記念予想

JRA 第62回 安田記念(GI)

安田記念を迎えるにあたり、前哨戦的な意味合いもある、4月1日に行われたダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)を振り返ってみようと思います。

まず1番人気に中山金杯(GⅢ)2着のジャングルポケット産駒、ダイワファルコンが収まり、2番人気に重賞2勝の牝馬でこちらもジャングルポケット産駒のアプリコットフィズ、3番人気に東京新聞杯(GⅢ)で2年振りの勝利を手にしたガルボ、4番人気に2連勝でオープン入りを果たしたサトノタイガー、5番人気に菊花賞(GI)以来の出走となるベルシャザールとなりました。

ハンデ戦という事もあって、57.5kgから52.0kgまでの斤量差もあり、非常に予想が難しいレースとなりました。

レースはまずツクバホクトオーが先頭に立ち、サトノタイガー、テイエムオオタカと続きます。

その後方がだいぶ固まり、ダイワファルコン、アプリコットフィズ、ガルボもこの集団。

ベルシャザールは最後方からといった展開で、第二コーナーを迎えると、ガルボが8、9番手、ベルシャザールは13番手あたりにポジションを変更。

第三コーナーをまわり、最後の直線に向くと、激しい叩き合いが始まります。

2番手集団が伸び悩む中、ツクバホクトオーが逃げ切りを狙って粘ります。

ダイワファルコンが逃がすまいと必死に追う中、ガルボが1度ポジションを下げた後に溜めた脚を繰り出し、追走。

そして後方から一気に捲る勢いでネオサクセスとオセアニアボスが素晴らしい脚で延びてきます。ゴール前大混戦となる中、5、6頭がまとめてゴールイン。

中団差しで粘ったガルボが東京新聞杯以来の重賞3勝目を果たす結果となりました。

クビ差でオセアニアボス、さらにクビ差でネオサクセスが3着、半馬身差にツクバホクトオー、クビ差でダイワファルコンと密集したかたちでの戦いが繰り広げられました。

勝ったガルボは獲得賞金的にも安田記念への出走は可能でしょうし、トップハンデで他馬を抑えた事も評価出来ると思います。何よりも3歳のシンザン記念(GⅢ)以来勝てなかった中で、ここにきて重賞を2勝した事も、安田記念へ向けての好材料かと思います。

2010年のダービー卿チャレンジトロフィーを制し、安田記念を制したショウワモダンの再来となれるのか、ガルボに注目です!
[PR]

by keiba1114 | 2012-05-27 12:18 | 安田記念予想

日本ダービー ~2冠制覇へ~ JRA GI

牡馬クラシック第二弾、日本ダービーが間近に迫ってきましたね。今回は牡馬クラシック第一弾の皐月賞を制したゴールドシップに焦点をあててみようと思います。

ゴールドシップは父親ステイゴールド、母親ポイントフラッグ、母親メジロマックイーンという血統で、去年に三冠制覇を成し遂げたオルフェーヴルとは、父親と母父までもが同じで、極めて近い血統です。

ゴールドシップは去年の夏にデビューし、新馬戦でアタマ差かわしてデビュー勝ちを収めます。2戦目にはオープン戦のコスモス賞に出走。単勝オッズ1.2倍という驚異的な支持率を集め、見事にその期待に応えて2連勝。早くもオープン入りを果たします。

3戦目には初重賞挑戦となる札幌2歳ステークス(GⅢ)へ向かうと、ここではアグネスタキオン産駒のグランデッツァに1番人気は譲るものの、2番人気となると、先行したグランデッツァをほぼ最後方から驚異的な末脚を繰り出し追い詰めます。

人気馬2頭による叩き合いの結果、ゴールドシップは半馬身届かず2着となりましたが、力強い競馬を見せるとともに、貴重な賞金も上乗せします。

4戦目にはクラシックへの登竜門的な意味合いの強い、ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ)へ。

ここでは京都2歳ステークス(OP)を制し2連勝中のトリップ、前走で敗れたグランデッツァに次ぐ3番人気で出走。ここでも後方からレースを進め、第四コーナーで5番手まで捲り気味に進出すると、トリップ、グランデッツァとかわしたところでゴールイン。

勝ったアダムスピークから1.5馬身差離された2着の結果となりました。

そしていよいよクラシックを迎える3歳初戦、共同通信杯(GⅢ)を選択。

ここで東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)で力強さを見せた前評判の高いディープインパクト産駒、ディープブリランテと激突。

ディープブリランテが逃げる展開になる中、ゴールドシップも離されまいと3、4番手を追走。直線を向くと、溜めていた末脚を繰り出し、一杯になったディープブリランテをかわすと、そのまま後続を抑えてゴールイン。

とうとう重賞初勝利を挙げ、クラシック参戦を確定的なものにします。

ここで陣営はトライアルレースを使わず、皐月賞への直行を発表。

2か月後、皐月賞を迎えると、レース間隔が空いている事が嫌われた事もあったのか、4番人気に収まり、1番人気に2歳時に激戦を演じた、スプリングステークス(GⅡ)を制したグランデッツァ、2番人気にきさらぎ賞(GⅢ)と若葉ステークス(OP)を制して勢いに乗るワールドエース、3番人気にディープブリランテと並びます。

やや重の馬場の中レースが始まると、ディープブリランテがいつも通り3、4番手で先行し、グランデッツァ、ワールドエース、ゴールドシップが最後方集団を形成。直線に向くと、内側の悪い馬場を嫌った大半の馬が外、外を回る中、最後方のゴールドシップは内側の悪い芝と良い芝のギリギリのラインをスルスルと上がると、一気に6番手までポジションをジャンプアップ。

ロスの無い馬場を通ったゴールドシップは末脚も鋭く、さすがに距離のロスを他馬は埋めきれずに、ゴールドシップがワールドエースに2.5馬身の差をつけてゴールイン。

見事にGIタイトルを獲得する結果となりました。

ゴールドシップは果たして日本ダービーを制して2冠馬となる事が出来るのか、次は東京競馬場で勝負です!
[PR]

by keiba1114 | 2012-05-17 14:02 | 日本ダービー予想

JRA GI ヴィクトリアマイル 芝1,600m

5月13日に控えているヴィクトリアマイルに向かうべく、各陣営も準備を整えていると思います。

今回は、ヴィクトリアマイルの優先出走券は無いものの、重要な位置付けにある、中山牝馬ステークスを制したレディアルバローザについて触れていこうと思います。

レディアルバローザは、キングカメハメハ産駒で、今年で5歳を迎えています。

2歳でのデビュー戦は3着と敗れるものの、2戦目の未勝利戦で、5番人気ながら初勝利をあげます。

3歳となり、紅梅ステークス(OP)で4着、500万下のレースで2着後、続く500万下のレースで2勝目をあげ、いよいよクラシックを意識した戦いが始まります。

初重賞挑戦となった、フィリーズレビュー(GⅡ)で先行しながら粘るレースを展開しますが、ハナ差、クビ差の3着と惜しくも重賞初勝利はなりませんでしたが、桜花賞への切符を手にし、GIレースへと駒を進めます。

しかし桜花賞では見せ場なく11着に沈み、再び条件戦へ。

7月に3勝目を挙げ、ローズステークス(GⅡ)、秋華賞(GI)に臨むも、まだ力が及ばず、10着、5着と敗れてしまいます。

4歳を迎え、4着、5着と掲示板を確保して臨んだ中山牝馬ステークス。

10番人気と低評価ながら、中団から鋭い末脚を発揮。軽量の有利も見方につけ、2着に2.5馬身差離して、とうとう重賞初勝利を挙げ、再びGI戦線へと復帰。ヴィクトリアマイルに出走すると、3番人気に応え、1着から差の無い人気通りの3着を確保。

今後が楽しみな1頭として頭角を現します。

しかし、その後は思うような結果が出ず、朝日チャレンジカップ(GⅢ)での3着が最高成績で、エリザベス女王杯(GI)でも17着と惨敗を喫してしまいました。

5歳となり、京都牝馬ステークス(GⅢ)で6着ののち、重賞初勝利を手にした中山牝馬ステークスに再度参戦。

ここでもう一華咲かせたいところで、レースでは思い切っての逃げに打って出ます。初めての中山競馬場でのレースでしたが、競る馬もおらずマイペースで展開。

直線を向いても粘りを見せ、最後方で脚を貯めていたオールザットジャズの追込みを半馬身凌ぎ、重賞2勝目、中山牝馬ステークスの連覇を達成する事となりました。

この時期になると、レディアルバローザは走るのかもしれません。

混戦を極める牝馬の中にあって、ヴィクトリアマイルの予想で楽しみな1頭が復活です!!
[PR]

by keiba1114 | 2012-04-22 11:51 | ヴィクトリアマイル予想

2012.5.6 JRA NHKマイルカップ(GI)

いよいよ3歳限定のマイルGI、NHKマイルカップが近付いてきました。

ここで去年のNHKマイルカップを振り返ってみようと思います。

2011年のNHKマイルカップは中々にレベルが高かったと思います。

1番人気には、朝日杯フューチュリティステークス(GI)を制し、2歳チャンピオンとなったグランプリボスが座り、2番人気には毎日杯(GⅢ)2着のコティリオン、3番人気はニュージーランドトロフィー(GⅡ)2着のエーシンジャッカル、4番人気が朝日杯フューチュリティステークス2着のディープインパクト産駒リアルインパクト、5番人気にはファルコンステークス(GⅢ)を制したヘニーハウンドと続きました。

レースは桜花賞から臨んだフォーエバーマークが先頭に立ち、ニュージーランドトロフィーを制したエイシンオスマンとクリアンサスが続きます。グランプリボスとヘニーハウンドが5、6番手を追走し、リアルインパクトやダンスファンタジアが中団、エーシンジャッカルが後方から、コティリオンは最後方から追込みを計ります。

エーシンジャッカルとコティリオンがややポジションを上げ、第4コーナーを回っていよいよ府中の長い直線に向かうと、フォーエバーマークが粘るも2番手のエイシンオスマンとプレイにかわされ万事休す。

更には、この2頭を1番人気のグランプリボスがまとめてかわし、先頭に踊り出ます。

そして1頭、他馬と全く脚色を見せ、恐ろしい程の追込みを見せるコティリオンが一気に差を詰めますが、届かず。

グランプリボスが見事1番人気に応え、朝日杯フューチュリティステークス以来のGI2勝目を戴冠する事となりました。

1,2番人気による決着となった訳ですが、馬連の配当オッズが11.7倍であった事からも、如何に混戦であったかを物語っていますね。

さて、今年のNHKマイルカップはどんな結果が待ち受けているのか。

非常に楽しみです。
[PR]

by keiba1114 | 2012-04-12 16:24 | NHKマイルカップ予想

オッズ分析 競馬予想

最近はまっているのがオッズ分析による競馬予想です。

オッズから競馬の予想を導き出す予想法は、かなりの数の書籍が出ています。

正直いっていろいろな予想法がありますけど、オッズ程複数の予想に関連するデータを反映しているものはないと思うんです。

例えば、同じ能力を持っている競走馬がいたとして、腕の良い騎手が乗っている馬の方が人気になりますし、またレース展開などでより有利な脚質をもっている馬が人気になり、馬場状態ではよりその馬場に合った馬が人気になります。

つまり、オッズは競走馬のそのレースでの能力を現していると思います。

なのでオッズの状態から予想をするのは実に理にかなっている予想法であると思いました。

今後はオッズを用いた予想を研究していこうと思っています。
[PR]

by keiba1114 | 2012-01-31 16:35